【2022年】交互型歩行器おすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も

交互型歩行器が欲しいけど、どのようなものを選べばいいか分からないという方は多いですよね。今回、エンウィズでは、交互型歩行器の特徴、おすすめの交互型歩行器、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品の交互型歩行器をご紹介します。

シルバーカー・歩行器

交互型歩行器の選び方

折りたたみ式歩行器 軽量アルミ 高さ8段調節可能な大人用歩行器直立型歩行器は、高齢者向けの医療用歩行器を折りたたみます,交互・固定2way式

2022年現在、高齢化社会が進む日本では高齢者が生活しやすいように福祉用具の需要が高まっています。

福祉用具の中には歩行の補助具として販売、レンタルされているものがあります。

交互型歩行器もそのうちの1つです。

選ぶポイント1:日常生活で使用しやすいか

交互型歩行器は足の不自由な方が利用する歩行補助具ですが、日常生活は歩行が全てではありません。

歩行前には必ず立ち上がる必要があるため、立ち上がりの補助として使用できる歩行器がおすすめです。

高さが体型にあっているかどうか確認してから購入しましょう。

選ぶポイント2:歩行能力に合わせて仕様が変えられるか

交互型歩行器は固定型の歩行器に比べ足の支持性が高い方がしやすいです。

しかし、加齢や病気、怪我の進行により歩行能力に変化が生じる可能性が考えられます。

歩行能力に合わせて仕様が変えられるものを選びましょう。

【2022年最新版】交互型歩行器おすすめ人気6選

Cific 歩行器 交互・固定2way式 軽量アルミ 高さ8段調節 介護用 折畳 立ち上がり (Misty Silver)

交互型歩行器は福祉用具専門店から販売、レンタルされていたり、Amazonや楽天など多くの場所で販売されています。

Amazonから2021年〜2022年に販売された最新作を中心に、ランキング上位の人気のおすすめ交互型歩行器をご紹介します。

LEJIEYIN

【LEJIEYIN】折りたたみ式歩行器

固定式と交互式の2種類のパターンが使用でき、切り替え方法も簡単で扱いやすい交互型歩行器です。
EVA素材がグリップに採用されており、手の滑りを防ぎます。

アルミ製製品で、重量3.5kgと軽量のため女性や高齢者でも持ち運びやすいです。
工具不要で折りたたみができ、室内に置いておいても邪魔になりません。

立ち座りがしやすいようにグリップが2段式になっています。
脚の吸盤の直径が4cmと安定性が高くなっています。

Cific

【Cific】歩行器

安全荷重158kg、最大耐荷重250kgと丈夫なアルミ素材でできた交互型歩行器です。
脚にはゴムが付いているため、滑り止め効果があります。

76.5cm〜94cmの8段階で高さ調整ができます。
グリップはEVA樹脂が採用されており、滑りづらい構造をしており安全です。

2.6kgと軽量のため、外出時に車に積んで持っていくなど容易に持ち運びができます。
ベッドやトイレからの立ち上がりがしやすいように手すり代わりとして使用可能です。

楽々健

【楽々健】折りたたみ式歩行器

グレーで優しい色を採用した交互型歩行器です。
2段階手すりで低い方は立ち上がり補助として使用できます。

グリップの高さは72cm〜90cmの範囲で8段階で調整できます。
幅が61cmで広めのため安定感が高いです。

折りたたんだ時は厚さ11cmまでコンパクトになります。
ピンで固定すれば固定式の歩行器に早変わりするため歩行能力に合わせて仕様の変更が容易です。

WOEN

【WOEN】歩行補助器

フレームがアルミでできており、最大耐荷重180kgと体重を気にせず使用することができる交互型歩行器です。
グリップの高さが72cm〜90cmの中で8段階で調整することができます。

グリップは高品質なTPR素材が採用されており、滑りづらく安心して使用することが可能です。
手すりが2段階となっているため、立ち上がり補助用として使用することもできます。

軽い力で簡単に折り畳むことができるので、握力の弱い高齢者でも簡単に折りたためます。

RAKU

【RAKU】前腕支持台型歩行車

足のふらつきや痛みを抱えている足の弱い方に適応し、さらに体幹の機能の衰えがある方に最適な交互型歩行器です。

前腕支持台を使用する場合は100cm〜115cmまでの高さを7段階で調整することができます。
使用しない場合はワンタッチで折りたためるため、家に置いてあっても邪魔になりません。

アルミ合金製となっており、軽量かつ丈夫にできています。
約100kgまでの耐荷重をもちます。

Sun Ruck

【サンルック】折りたたみ歩行器

アルミ製の歩行器でできており、重さが2.5kgの軽量な交互型歩行器です。
耐荷重は100kgとなっています。

床からグリップまでの高さは68.5cm〜86.5cmの8段階で調整可能です。
キャスターが付属されており、前輪部分を車輪にすることでスムーズな移動が可能となります。

標準の脚で使用するのであれば、固定型と交互型の2つのパターンから使用方法を選べ、歩行能力に合わせて調整ができます。

交互型歩行器についてまとめ

楽々健 折り畳み式歩行器 2段階手すり 交互式 アルミ製 8段階高さ調節可能

いかがでしたでしょうか?

今回、エンウィズでは、「【2022年】交互型歩行器おすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • 交互型歩行器の選び方
  • 【2022年最新版】交互型歩行器おすすめ人気6選

といったことをご紹介してきました。

他にも、エンウィズでは、終活に関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、終活に関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2022年】キャスター付き歩行器おすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
キャスター付き歩行器が欲しいけど、どのようなものを選べばいいか分からないという方は多いですよね。今回、エンウィズでは、キ...
【2022年】固定式歩行器おすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
固定式歩行器が欲しいけど、どのようなものを選べばいいか分からないという方は多いですよね。今回、エンウィズでは、固定式歩行...
【2022年】室内用歩行器おすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
室内用歩行器が欲しいけど、どのようなものを選べばいいか分からないという方は多いですよね。今回、エンウィズでは、室内用歩行...
【2022年】前腕支持型歩行器おすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
前腕支持型歩行器が欲しいけど、どのようなものを選べばいいか分からないという方は多いですよね。今回、エンウィズでは、前腕支...
【2022年】日本製のシルバーカーおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
近年需要が伸びているシルバーカーですが、やはり日本製の製品を使いたいという方も少なくないと思います。今回、エンウィズでは...
【2022年】トレーニングチューブおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
トレーニングチューブをお探しの方は必見。今回、トレウィズでは、トレーニングチューブの特徴、おすすめのトレーニングチューブ...
【2022年】ミニステッパーおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
自宅で簡単に有酸素運動を始めたいという方におすすめ!今回、トレウィズでは、ミニステッパーの特徴、おすすめのミニステッパー...

監修者:エンウィズ(Ending With)編集部

「Ending With」は、人生の最期をもっと楽しく豊かにをテーマにした終活に関わる用品の総合情報ポータルサイト。 補助・介護用品などの様々なカテゴリのお役立ち情報をわかりやすく紹介。 人気商品や最新グッズ、終活の面白コラムも配信します。

\この記事をシェアする/

シルバーカー・歩行器
エンウィズ